忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [104]  [103
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。
18歳未満の方はコチラ

2005年にelfより発売された
Windows用のアダルトシミュレーションゲームになります。

元々はPC-98用に発売されていた物で、
このマルチパックはシャングリラとシャングリラ2を同梱し、
Windows用にリメイクした物になります。

今回はシャングリラ2を取り上げさせて頂きます。





ストーリー

 

ヒュンケルは再び危機に陥っていた。
魔道師マドゥーが復活したのだ。
一旦はマドゥーを封印し、この世に再び現れないようにしたのだが、
何者かの手により封印が解かれてしまった。
 
冥界に堕ちていたマドゥーはそこで強力な魔力を手に入れていた。
兵士達は繭の中に閉じ込められ、
武将は全員捕らえられ、エリオン王子もまた捕らわれてしまっていた。
 
フェルマータは危機を感じとり一人身を隠し、
エリオン王子に危害が加わらぬように強力な結界を張り続けていた。
 
マドゥーは武将の戦士としての能力を封印し、
結界を張っているフェルマータの所在を探し続けていた。
 
そんなある日、は夢を見る。
その夢に3人の少女が現れ、
ヒュンケルが再び危機に陥っている事を告げてきた。
 
最初は嫌がっていたが話が深刻であった為に
徹は再び戦場におもむく事を決意する。





ゲームシステム

このゲームは基本的には普通の戦術シミュレーションゲームになります。
前作と比べるとRPG色が強くなっており、
レベルの変化も解りやすく改良されています。

また、前作では出撃する部隊が8人パーティーだったのに対し、
今作では単体での出撃に変更されています。
よって、前作では攻撃を喰らうと人数が減っていたのに対し、
今作ではHPが減っていく仕様になっております。

前作では各職業が最初から出撃できるようになっていましたが、
今作では救出が目的の為、救出しないと使えない職業があります。

また、救出しても最初に出撃できるのは武将1体のみ。となります。
各職業の武将が出撃し、
フィールドにあるに触れる事により繭に触れた同職業の兵士が増える。
と言う仕組みになっております。

尚、どーでもいい話なのだが、
主人公の名前がカタカナから漢字に変わっていますw



敵を全滅させるか敵の本陣を占拠すればステージクリア。

ステージクリア後に
そのステージの武将の精神を元に戻す儀式(ここがお宝画像の部分)をし、
次のステージへと進めていきます。

一度クリアしたステージは
新しく始めない限り、2度とプレイする事ができません。
と言うのは前作と同じです。




まずは基本画面から。


赤い砦が既に攻略済みのステージで、
青い砦がクリアしていないステージになります。
特定のステージをクリアする事により新しい砦が登場します。


画面右下の部隊の調整システムメニューにより、
次のステージ攻略の準備をする必要があります。



部隊の調整

このコマンドでは

スキルの調整
ユニットのコスト変換
マスターユニットの復活


の3種類のコマンドがあります。



スキルの調整


今作では武将に装備できるアイテムが登場しています。
そのアイテムをスキルと言い、それを装備する事により、
能力のUP・特殊攻撃が可能になります。

スキルは救出した武将が最初から持っていたり、
敵を倒した時にランダムで入手する事ができ、
それにより種類や数を増やす事ができます。

各武将1人3個まで装備でき、
スキルによっては
同時に装備できない物同じスキルを複数装備できる物
などがあります。

また、繭に触れて作ったコピーユニットには装備できず、
武将が装備しているスキルがコピーユニットに反映される事もありません。

各スキル自体に必要コストが設定されており、
それを装備した武将の出撃に必要なコストに上乗せされます。

例えば出撃コストが5の武将に必要コスト5・8・10のスキルを装備させると
その武将を出撃させるのに必要なコストは28に変わる。
と言う事になります。

よって、今現在の自分のコストキャパに合わせた
スキル装着が必要になってきます。


ユニットのコスト変換

このコマンドはフィールドで繭に触って作ったコピーユニットを
自分の最大コストにプラスさせる事ができるコマンドです。

Lv.1のユニットなら1
Lv.2のユニットなら2
Lv.3のユニットなら3

のコストが上乗せされます。

必要の無くなったコピーユニットは持っていても意味がないので、
いらなくなったら即コストに変換した方が戦略的には良いです。


マスターユニットの復活

前作では1度死んだユニットは復活できませんでしたが、
今作は自分の最大コストを削る事により生き返らせる事ができます。
最大コストを減らす事になるので死なせないようにするのが大事ですが、
万が一死んでしまったらこのコマンドを使用してください。

尚、生き返らせる事が出来るのは武将のみであり、
コピーユニットは復活させる事ができません。


システムメニュー

このコマンドでは、セーブやロード。ユニットのステータス確認ができます。



全ての準備が整ったら出撃に入ります。

フィールド上には今作から繭が登場します。
 

この繭の横にユニットを停止させ、繭の方向にキャラを向けると
そのユニットのコピーが作成されます。
しかし、この繭は敵味方に平等であり、
敵が触れると敵のコピーを作成してしまいます。
よって、戦力が欲しい時は見方で触り、
戦力に余裕がある時は経験値稼ぎの為に敵に触れさせる。
と言う戦略もあります。


前作では、ユニット同士の相性があったのですが、
今作では少しあるものの、前作に比べると非常に差がなくなっています。
その代わり、攻撃力・守備力に大きな差が生じており、
硬い敵はトコトン硬い。
強い敵はトコトン強い。
仕様になっております。
よって、硬い敵には攻撃力の高い武将
攻撃力の高い敵には硬いか体力の多い武将
をぶつける事が重要になります。


今作は敵に止めを差したユニットに経験値が入るようになっています。
経験値が一定の量に達するとレベルが上がります。
今作ではキャラの画像も変わり、ステータスも大きく変化します。

一例を挙げますと、ゴーレム使いでは
Lv.1だと貧弱なマリオネットのようなゴーレムですが



Lv.2になると普通に強そうなゴーレムに変化します。



それがLv.3になると
なんかを意識しちゃった?
と思わずにはいられないトリコロールカラーのロボットに変化します。



そして重要なのは
レベルアップするのは武将のみでコピーユニットはレベルアップしない
と言う事。
よって、コピーユニットで止めを刺す事より
武将で止めを刺す事が重要になります。

それはステータスが物語っており、
Lv.1とLv.3では攻撃力・防御力は1・6倍ぐらい変わってきます。

敵の出現数は変わらない為、効率良くレベルアップさせる為に、
コピーユニットの使い方には十分注意する必要があります。



今作も制限ターン内に敵を全滅させるか
敵の拠点を占拠する事でステージクリアとなります。



 


前作は敵殲滅ボーナスの方が
入ってくるボーナスコストが多かったのですが、
今作では砦を占拠した方がボーナスコストを多く得る事ができます。

それ以外に変更点はありません。

以上の事を繰り返していき、
最終的にマドゥーが現れるステージをクリアすればエンディングとなります。


エンディングまで行くと今度はスペシャルステージが登場します。
前作は一気に大量のステージが登場しましたが、
今作では1つクリアすると新しいステージが出てくる
クリア制となっております。

また、1度クリアした後にもう1度最初から始めると
前回クリアした時のスキルが全て持ち越されます。
よって、1回目より楽にクリアする事が可能になります。




1と2をプレイしてみて
シュミレーション好きな人は1
RPG好きな人は2
がいいのかなぁ。。と言う感想を持ちました。
個人的には2の方が面白みもあり、レベルを上げる楽しみもある為
個人的には気に入っております。

ただ、登場人物が多くなってしまった為に、
必要のない武将も正直言っているかな。。とw
まぁ、前作よりお宝画像の枚数を増やす為なのでしょうから
仕方のない事かとも思いますが、
前作でも言いましたがお宝画像はいらにゃい。。(☉x☉;)ププ

ラングリッサーに近いと言えば近いかな。。
シュミレーションRPGだと思えば普通に楽しめます♪






舞闘家【ヨーコ】

 






 

戦車【エミ】

 






 

騎兵【ミサ】

 






 

マジシャン【カオリ】

 






 

ナイト【サキ】

 






 

ドラゴンナイト【ミドリ】

 






 

カタパルト【チカ】

 






 

イーグルナイト【マキ】

 






 

侍【レイコ】

 






 

ペガサスナイト【ミカ】

 






 

アーチャー【リエコ】

 






 

ゴーレム使い【シーナ】

 


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
いや~。。良いよ♪
「かくれんぼ」必死こいた。。(≧∇≦)
クリアしたら、お宝画像出てくんじゃねーか?って。。ブハハハ!!!

PS
「閃光の果てに」で通じました。。(笑)
ホセ・マゲンタ 2008/03/20(Thu)21:42:11 編集
ホセ・マゲンタさん こんにちゎ♪
莫迦者。。
変なコト書くからオイラもやっちゃったじゃないか。。
いきなり風船選びましたが。。
(≧▽≦)ぶゎははははは!

てか、あれだね。。
ヤキモノ君のヲタレベルがどんだけあるか調べるしかないな。。
任せたww
【2008/03/21 12:26】
無題
俺のスキルも来世では最初からオープンでしょうか
(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん

前作と異なりお宝映像のキャラはロリ系セクシ系と
双方のファンの取り込みを狙ってるのかな?

にしてもLV3のゴーレムはガ●ダ・・・ムゴムゴw
DEEPの看板熊 2008/03/20(Thu)22:27:11 編集
DEEPの看板熊さん こんにちゎ♪
最初からオープンされてたら色んな意味で怖いっす(≧▽≦)

やぱしその時代に流行ってる画像を使ってるのかねぇ。。
明らかに1作目とは違うもんね。
てか、ゴーレムはやぱし連想しちゃったかww
【2008/03/21 12:29】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]