忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


生産 ハイランド牧場
誕生日 1992年5月11日
馬主 (有)ハイランド牧場
調教師 奥平 真治(美浦)
フレンチグローリー
センテニアル
性別 牡馬
毛色 鹿毛
通算成績 15戦2勝(内重賞0勝)2着3回


デビュー戦は3歳の12月。
中山で行われた新馬戦(1600m)。

単勝1.8倍の1番人気になったライトは
2着のレイナトウショウに2馬身半の差を付けてデビューウィンを飾る。


続く2戦目は年が明けて4歳の1月。
中山で行われたGⅢ京成杯(芝1600m)。

10頭立ての9番人気と低評価だったライトは
道中好位を追走するも直線で失速。
7着と大敗してしまう。

その後500万下を数戦戦うも
掲示板には載るものの勝つまでには至らないレースを続ける。


2勝目は6戦目。
3月に中山で行われた500万下一般レース(芝2000m)。

雨が降る不良馬場のなか、
道中中段待機。
3コーナーからまくりに入るとそのまま後続を引きちぎり
2着のメイショウマックスに3馬身の差を付けて勝利する。


皐月賞に間に合わないと判断した陣営は
目標を日本ダービーにして
4月に東京で行われたダービートライアルレース。
GⅢ青葉賞(芝2400m)に出走させる。

3番人気に支持されたライトは道中中段待機策。
直線に入り追い出すとジリジリ伸びる末脚を披露。
サマーサスピションには届かなかったものの、
オースミベストを首差凌ぎ2着となり
見事ダービーの出走権を得る事に成功する。


そして本番。
5月に東京で行われたGⅠ日本ダービー(芝2400m)。

5番人気と穴評価を得たライトは
いつも通り道中中段待機策。
4コーナー手前からまくりに入り
直線あわや!と言う見せ場を作るものの
タヤスツヨシの5着に終わる。


その後7月に福島で行われたGⅢ
ラジオたんぱ賞(芝1800m)に出走するも12着と大敗。
休養に入る事になる。



休養明け初戦は9月に中山で行われた菊花賞トライアルレース
GⅡセントライト記念(芝2200m)。

5番人気と低評価であったが勝ったサンデーウェルの2着に入り
菊花賞の優先出走権を得る。



そして本番。
11月に京都で行われたGⅠ菊花賞(芝3000m)。

この年の菊花賞は乱菊と呼ばれ、
これと言った有力馬が存在せず、
1番人気には牝馬ながら参戦してきたダンスパートナーになる。

レースはスタート直後にダービー馬タヤスツヨシが
ゲート内で座ってしまい出遅れ。
700m近いハンデを背負う事になってしまう。

ライトは普段と違い先行策。
平均ペースで淡々とした流れで追走する。
しかし、3コーナー過ぎでマヤノトップガンがまくりに入ると
レースの流れが一変して速い展開に。

ライトはその流れについて行けず15着と大敗してしまう。



その後12月に中山で行われたGⅢ
ステイヤーズステークス(芝3600m)に出走し3着と健闘。


年が明けて5歳になったライトは
GⅡのAJC杯目黒記念を6着・3着と好走し
GⅠ天皇賞・春を目標にステップレースである
3月に中山で行われたGⅡ日経賞(芝2500m)に出走する。

5番人気に支持されたライトは1周目の直線坂上で
突如バキッ!!と言う轟音と共に馬体が沈んだ。

開放骨折をしてしまったのである。


当然治療の施しようが無く予後不良と診断された。





この馬はそんなに強くなく、儲けさせてくれた馬でもありません。
しかし、非常に馬体の見栄えが良い馬で
何かやってくれるんじゃないか。。
といつも期待していた馬であります。

特に最後のレースとなった日経賞は
カネツクロス以外これと言った馬がいなかったので
人気の無かったライトに期待していたのですが
まさかの競争中止でした。

開催していたのが中山だったので
直接競馬場で見ていた訳ではありません。

TVでの観戦です。

それなのにTVのマイクが拾う程の骨折音。
直線での骨折だったので
生で観てた人はホントに凄い音がしたんだと思います。

これからの馬だと思っていたのでちょっと残念でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
予後不良。。

現代医学の進歩がある中、安楽死しか今のところ・・・
これからもっと医学が発展すれば悲運の死を遂げることも無くなるのかなぁ。。
そうあって欲しいねぇ。。うん。。

ホセ・マゲンタ 2009/12/05(Sat)04:31:00 編集
ホセ・マゲンタさん こんにちゎ♪
大分医療は進んでいるけどね。
ボルト入れたまま走れるぐらいにはなってるしねぇ。

だが開放やら屈腱炎などは未だに完全な治療法がない。。
強い馬の宿命だからなんとかなってもらいたいもんだけどね。。
【2009/12/08 10:32】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]