忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




オリンピアより1988年に発売された2号機です。
赤バニ青バニ白バニと呼ばれる色違いのパネルがあり、
後にスーバニと呼ばれる後継機スーパーバニーガールが発売されます。


まず2号機とは
1988年~1990年に発売された機械で、
今のスロットの原型となるシリーズになります。

2号機になりシングルボーナスや小役集中など
多彩なゲーム性になった為にAタイプ・Cタイプなどの
グループ分別が始まりました。

そして、1号機・1.5号機に搭載されていた
吸い込み方式と呼ばれる天井機能を廃止。
その代わりに小役集中機能を搭載しました。
小役集中は当時の小役がフルーツの図柄がメインだったので、
フルーツ集中とも呼ばれました。

更に、クレジット機能を搭載し、
小役が揃う度に下皿に出てきたメダルのうざったさを解消。

リールを連続して回せないようにする為に
ウェイト機能が搭載されました。


このバニーガールもフルーツ集中機能が搭載されており、
5ゲームor60ゲームの継続が可能。
60ゲームならおよそバケ2回分のメダルを得る事ができます。


スペックは以下の通り


設定

BIG確率

REG確率

集中確率

機械割り

1

1/346

1/381

1/225

89.3%

2

1/312

1/346

1/225

90.7%

3

1/296

1/326

1/225

96.6%

4

1/267

1/296

1/225

101.8%

5

1/247

1/274

1/225

106.3%

6

1/236

1/236

1/155

114.2%




小役集中を消化している際にもボーナス当選の抽選をしている為、
小役集中とボーナスのループで出玉を稼ぐ仕様となっています。


他の2号機は小役集中の継続数が
約30ゲームと言うタイプが多かった為、
このバニーガールは他の機種に比べたら継続ゲーム数が多く、
つぼにはまった際の瞬発力はかなりあったので、
多くのユーザーに愛される事になります。

また、小役テンパイのズレ目でボーナス当選の判別ができると言う
当時としては珍しいタイプであり、
打ち方も順押しではなく
ハサミ打ちで消化するのがおもしろい台です。


小役が連続して出てきて熱くなれ、小役がずれても熱くなれると言う
射幸心煽りまくりの台ですw

打ち込み機によるモーニングをやる店も多く、
朝一からの稼動は抜群の台であり、
高設定を掴むと言うよりかは、打てるだけで幸せ感が出ると言う
非常にヘンチクリンな気持ちにさせてくれる台でしたw


当然今現在は設置されているお店はありませんが、
PS用ソフト


パチスロ帝王 ~バニーガールSP~

にてプレイする事ができます。

昔のスロを知らない人にもオススメできる台なので、
中古ソフト屋で見かけたら是非買っていただいて、
小役集中の面白さを知ってもらいたいですね♪

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あのさぁ。。
最近更新しまくりでね?ヒマなのか?ブハハハ!!

バニー語らせたら、ちと五月蝿いんで今日は勘弁な。。(笑)

ズレ目サイコー!!
ホセ・マゲンタ 2007/12/05(Wed)21:27:45 編集
ホセ・マゲンタさん こんにちゎ♪
いつまで経ってもPCを買わんからバニーやったのにぃ。。
とりあえずコメって感じのコピペがイカスな。。
(≧▽≦)ぶゎははははは!
語るのは駄べり場でよろしこ♪
(;'з')プププ
【2007/12/06 10:41】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]