忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1988年にブレイングレイが8Bitマシーン及びX68000用に
発売したちょっと変わったRPGです。

後にファミコン・PCエンジンに移植されるものの、
出来が良すぎたPC版に比べ、あまりにもひどい出来になっていました。


パッケージを見て解るとは思いますが、
このゲームの主人公はモンスターになります。




ストーリー

地上の支配者であった人間は滅んだ。
しかし地球は新たな支配者を迎えようとしていた。

それが魔族

地上の様子を見に来たスケルトンとミノタウロスであったが
何者かによって殺害される。

この事実を他の者に伝えるべく死に際にスケルトンは目玉を残す。
その目玉をガーゴイルが持ち帰り、他の者が見た光景は


エイリアンによる殺害シーンであった。


更にエイリアンはメッセージを残していた。
そのメッセージとは

我々に服従して生きながらえるか
抵抗して滅び行くか


の2択であった。


魔族は抵抗し、エイリアンを滅ぼす事を選択する。
こうして

ガーゴイル
ゴブリン
オーク
ドラゴンニュート
スケルトン
ジャイアントスネーク
ゴーレム
サイクロプス
ハーピィ
スライム
スフィンクス
ミノタウロス

の12の種族の最強の代表者が討伐に旅立った。。





特徴



―モンスターの特性―

このゲームは4人1パーティで行動します。
モンスターによっては

昼にしか行動できないもの。
夜にしか行動できないもの。
月に1度訪れる、時間の進み方が1/10になる
サルバンの破砕日にしか行動できないもの。
いつでも行動できるもの。

の4タイプがあり、これをうまく組み合わせてパーティを作ります。
後からパーティを組みなおす事ができないので、
慎重に考えながら組み合わせをする必要があります。

更に、モンスターによっては

武器を装備できないもの。
防具を装備できないもの。
道具を扱えないもの。

などがいますので、それをふまえて
バランスの良いパーティ作成をする事となります。


―レベルアップ時の形態変化―

モンスターは一定のレベルになると形状と名前が変わります。
各キャラ4段階の成長があり、例えば


ドラゴンニュート

ワイバーン

ブロンズドラゴン

ロイヤルドラゴン

と言った感じです。

更にレベルを上げると、他の種族の細胞を取り入れて
元々備わっていなかった能力を手に入れる事ができるようになります。

2回合成する事ができ、1回目に合成できる相手は
そのモンスターによって異なり
固定された3種族の中から1種族と合成できます。

2回目には更に合成した相手に対して
固定された2種族の中から1種族を選び合成します。


例えば道具を使う事ができないオークがスライムと合体します。
この時点ではたいした能力UPはありませんが、
更にレベルを上げてもう一つの種族、スフィンクスと合体する事により
道具を扱えるようになる。

などです。

最初に合成するモンスターを間違ってしまうと、
最終的に結局何の特徴も増えない結果になったりもしますので
合成相手も慎重に選ぶ必要があります。


―ステータスのレベルアップ法―

モンスターのステータスは

攻撃力・防御力・魔力・悪運

があり、それぞれモンスターがとる行動によって数値が変わっていきます。

攻撃力は相手を攻撃する事で
防御力は攻撃を防御する事で
魔力は相手を特殊攻撃する事で
悪運は敵から逃げる事で

それぞれ上昇していきます。

悪運のパラメーターが真っ先に上がってしまうのは
このゲームの性でしょうw



ゲームの流れ


まずは世界中にばら撒かれた108個の石板を巡る旅になります。
全ての石板を見ないと先に進めないのですが、
これが非常に厄介でして。。w
どこの石板を見たのか解らなくなるんですよね。。w
ソフトに付属されている地図にチェックを入れるのが必須になります。


全ての石板を見たら戻らずの塔に行き、
次の世界に進みます。
次の世界では各施設を回り、12種族全てのモンスターの
イベントをクリアしていく事になります。

そして全てのイベントをこなしたらファンタジーランドへ。
ここでのイベントをクリアしたらとある場所へ行きます。
すると感動の?エンディングが待っております。。




このゲームはモンスターを操れると言う魅力にかられ始めました。
エイリアンとの戦闘がミョーにかったるくw
逃げ回っていたらサルバンパーティだけレベルが追いつかなくなり
泣く泣くエイリアンのキャンプ所で強制戦闘をするはめに。。w


所々に泣けてくる演出も盛り込まれ
最後のエンディングは人それぞれでしょうが
オイラは感動した記憶があります。

オープニングもディスク1枚マルマル使用したアニメーション処理の物。
今でもたまにやりたくなるのですが悲しいかな




Windows版が出ていない。。(つдT)ウゥ。。


  
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
8ビットマイコンか?ブハハハ!!
マッスィ~ンが古スギなんだよ!!
せめて、MSXぐらいにしとかないと
ダレもついてこれませんぜ?(笑)

早く、「午後天」やれー!!
ホセ・マゲンタ 2007/11/17(Sat)01:30:11 編集
ホセ・マゲンタさん こんにちゎ♪
MSXも88も一緒だっつーの!w
しかもMSXは画像きたねぇし!(≧▽≦)

午後天より177をやりたい。。
(;'з')プププ
【2007/11/19 15:54】
無題
死滅した脳細胞の中にこんなゲームあったような
アタシ牡蠣食べれない、俺宗教上肉食べねぇやら好き勝手言いよる面々との忘年会を控えた幹事気分じゃなぁ。
最近のゲームは至れり尽くせりで、こういう個性的な弱点を持ってるキャラクターばかりのゲームは今の世代に受け入れられにくいだろうな。そこをどうしたら良いか考えるのが面白いんだけどね。

プレイした事あったかな~、なんかストーリー読むとやった気がするんだけでな~~ウムム。
画像掲載してちょ~思い出せるからw
DEEPの看板熊  2007/11/18(Sun)19:30:16 編集
DEEPの看板熊さん こんにちゎ♪
画像追加うpしといたよん♪

マニア受けするゲームはおもしろいけど売れない。
だけど一般の人にも受け入れられるように作れれば大ヒットにはなる。
創る側の人はそーゆー事考えながら作ってるんだろうから大変なはずだわな。。
クリエイターの人達は尊敬できるね~♪
パチンコもそうだけど、今の物より昔の物の方がおもしろいと思える物が多いのよねぇ。。
オールドタイプなのか?w
【2007/11/19 16:03】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]