忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



原作しげの秀一
1999年にフジテレビ系列で放映されたアニメになります。

セカンドステージはエンペラー襲来から埼玉での86バトルまで収録。



ストーリー

群馬最速と言われた高橋亮介に勝った藤原拓海
夏休みが終わり2学期が始まっていた。

そんな時、栃木のいろは坂をメインに走っているチームエンペラー
群馬制圧に乗り出してくる。

エンペラーのリーダー須藤京一は亮介にライバル心を燃やしており
亮介を倒す手始めとして群馬の走り屋にバトルを仕掛けた。

エンペラーは秋名に速い86がおり、
亮介が86に敗れたと言う情報を得て秋名に乗り込んでくる。





セカンドステージから登場する主な人物


須藤 京一

C.V.田中 正彦
主な参加作品
NARUTO:4代目風影
シャーマンキング:木刀の竜
機動戦士ガンダム:マ・クベ(2代目)

栃木のランサーエボリューション(通称ランエボ)のみで構成されたチーム
エンペラーのリーダー。
スパルタドラテク塾と言われる東堂塾の出身で
ジムカーナ・サーキットでドラテクに磨きをかけている。

公道で身につけた技術より
サーキットで身につけた技術の方が上。
と言う、亮介とは正反対の自論を持っている。

バトルに必ず勝つために緻密なドライビングをし、
車の絶対条件はハイパワー+4WDだ。と言う自論もあり
本人もランエボに乗っており、
ミスファイアリングシステムと言うターボラグを防ぐ機能を装備している。
その為バックファイヤーを起こしやすく
走っている時にパンパン!と言うやかましい音をたてる。

得意技は後方から左コーナーで抜きにかかるカウンターアタック。


いろは坂でのバトルで亮介に負けた事により
自分の理論が正しい事を証明できなかった為に
更にテクニックを上げそれを証明する為に群馬にやってきた。

しかし結果的には群馬でも亮介に敗れ
サーキットでは身につかない弱点を指摘される。

赤城では拓海の86ともバトルしており、
86はバトル中にエンジンブローを起こし、
車の性能に差がありすぎる為に
京一はこれはバトルではなくセミナーであると告げている。

その後にいろは坂でエンジンを乗せ換えた拓海の86に敗れている。



岩城 清次

C.V.川原 和久
主な参加作品
俳優の為特にナシ

エンペラーのメンバーで実力的にはNo,2
群馬遠征でのバトルを担当している人物。

サンダースやナイトキッズなどに連勝していたが
秋名で拓海に負けている。

4WDの走らせ方を知っていると言われる人物で
実力はそこそこである。
が、我慢の利かない性格で
それが災いして負ける事が多い。

かなり攻撃的な性格をしており
「86なんざアオト オブ ガンチュー」
と言う名台詞を残している。

拓海に負けた後に
赤城で啓介に。いろは坂で小柏に負けている。




秋山 渉

C.V.松本 保典
主な参加作品
NG騎士ラムネ&40:クイーンサイダロン
機動戦士ガンダムOO:アレハンドロ・コーナー
みどりのマキバオー:アマゴワクチン

埼玉で走っている走り屋でチームには所属していないと思われる。
旧車で相手を追い詰めるのが好きだと言う理由で
86レビンに乗っている。
が、流石にパワーの差がある為にターボチューンをしている。

レッドサンズとエンペラーの交流戦にギャラリーとして参加。
交流戦後啓介にバトルを仕掛けるが
事故車があった為に中断。
その時に秋名に速い86がいる事を知り、
妹の和美の友達が秋名の86乗りと友達だと知って
拓海と顔合わせをする事となる。

しかし拓海の86のエンジンを見て金のかけ方の違いに怒りを覚え
同じ86乗りとして負けられないと判断。
地元の峠で拓海とバトルする事となる。


その後86はターボチューンからスーパーチャージャーチューンに変更。
プロジェクトDの埼玉遠征の際に
埼玉北西エリア連合チームの上り担当で啓介とバトルする事となる。





秋山 和美

C.V.柚木 涼香
主な参加作品
スーパーミルクチャン:テツコ
NARUTO:山中いの
武装錬金:津村斗貴子

渉の妹。
社会人なのだが性格が荒い為に会社を退職。
群馬にある親戚の旅館の手伝いでやって来る。

止めていた渉の86を樹がジロジロ見ていたのを
いたずら目的と勘違いして口論。
その後和美が困っている所を樹が助けて仲が良くなる。

車を運転する事はないが
渉と良く一緒に走りに出ており、
ドリフトの仕方だけは知っている。

旅館で嫌な事があり樹と出かけた際にドリフトの仕方を教えるが
後に無断で抜け出していた事が判明し、
渉に連れ戻される事になる。


後にプロジェクトDの埼玉遠征の際に樹と再会。
いい雰囲気になるが前に付き合っていた人と寄りを戻し
結果的に樹はふられる事となった。




茂木 なつき

C.V.川澄 綾子
主な参加作品
ニニンがシノブ伝:不知火楓
ぽてまよ:夏みかん
かのこん:源ちずる

拓海と同じ高校に通う同級生。
ファーストステージより登場しているが
重要になるのはこのセカンドステージからになります。

拓海に好意を抱いており、夏には一緒に海に行ったりしていたのだが
後に援交をしていた事が拓海にバレてしまう。

その事で腹を立てた拓海は赤城に行き
エンペラーの須藤とバトルをしてエンジンブローさせてしまう。
よって、結果的に拓海の86を壊した原因となった女である。

その後援交をやめ、ハンバーガーショップでバイトをし、
(原作では拓海と仲直りする為に同じガソリンスタンドでバイトをする)
失っていた物を取り戻そうとして
金を稼ぐ大変さを知る事となる。


後に拓海と和解し交際を始めるが
卒業して東京に出て行ってしまった為に自然消滅している。





本作は原作に追いついてしまう事もあり
1クール用として作成されています。

しかし結果的に後に劇場版へ繋ぐいい布石となっている作品で、
1クールと言う事もありファーストステージより画質が上がっています。

頭文字D全体を見て、
話が丁度急転する部分にあたる作品であり
個人的には非常に気に入っているシリーズになります。

このシリーズより拓海が大きな戦力を得て
大きく飛躍する直前の部分でありますので
短い作品ではありますが非常に見応えのある作品となっております。



    

    10

11 12 13
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
個人的には亮介に勝ったところで作品が終了しても違和感なかったと思うんですよね。
ってか、現在のダラダラした展開をみてると「いっそあそこで終わった方がよかったのでは?」と思う、今日この頃。。
やっぱ、面白かったのは3ndまでですわ。。

なつきとは卒業してからは遠距離してるって設定だと思ってたんですが、あっさりとゴルファーの女の子といい感じになってますな。。
淡白な性格の拓海も車に関しては勉強するようになってきたのに、女性に関しては相変わらず淡白ってことか?ww

最後に一言「要するに、右コーナーが下手くそだってことさ!!」
ぶはは!!
ウイニング・ザ・レインボー 2008/07/23(Wed)21:43:30 編集
ウイニング・ザ・レインボーさん こんにちゎ♪
これって結局伏線ナシでプロジェクトDに来ちゃったからでね?
伏線貼っておけば話の流れがうまく作れたと思うんだけどね。
後は拓海をもう少し負けさせるとかね。
オイラも個人的にはエンペラー襲来で拓海が負けて終わりでも良かったと思うんだけどね。
ブローさせる必要なかったのでゎ。。と思う今日この頃。。w
【2008/07/24 10:35】
無題
だからさー。。。
人が忙しい時の連更新はヤメレって。。
連コメが雑になっちゃうじゃないか。。(≧∇≦)

つか、更新してる暇あんのかい?
今頃、いろいろ聞かれてカツ丼食ってんだろ?。。某所で・・ブハハハハ!!

茂木を捥ぎるみたいな。。ププッ
ホセ・マゲンタ 2008/07/24(Thu)00:23:46 編集
ホセ・マゲンタさん こんにちゎ♪
ブッチギリの逃げきりを決め込んでたのに。。w
てか、オイラじゃねーですから!w
職業も年齢も似てるけどオイラじゃねーですから!w
【2008/07/24 10:38】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]