忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



生産 Takashi Watanabe
誕生日 1995年3月17日
馬主 渡邊 隆
調教師 二ノ宮 敬宇(美浦)
Kingmambo
Saddlers Gal
性別 牡馬
毛色 黒鹿毛
通算成績 11戦8勝(内重賞6勝)2着3回

パサーはアメリカで産まれ日本に輸入された外国産馬です。
この年の外国産馬は当たり年と言われ
数多くの名馬が誕生し、このパサーもその内の1頭となる。


デビューは3歳の11月。
福島で行われた新馬戦(ダート1600m)

1番人気に支持されたパサーは道中最後方を追走。
最後の直線で一気に追い込みをかけ
2着のマンダリンスターに7馬身差を付ける圧勝。
更に2着と3着の差が大差となる結果で、
パサーの強さは誰の目で見ても明らかだった。


続く2戦目は年が明けた4歳になってから。
1月に中山で行われた一般レース4歳500万下(ダート1800m)

単勝1.3倍と圧倒的1番人気に支持されたパサーは
道中後方3番手を追走。
3コーナーで一気にまくりに入ったパサーは
後は直線で差をつけるだけ。
2着のタイホウウンリュウに9馬身差を付けて快勝する。



そしていよいよパサーは重賞に挑戦する。
しかも初の芝のレースである。
芝でも強いのか。。
ファンの興味はそこの一点に集中する。

しかしまさかのレース前日の大雪。
競馬は開催されたが芝のレースは全てダートに変更となる。

2月に東京で行われた
参考GⅢ共同通信杯4歳ステークス(ダート1600m)

この年はもう1頭ダートで無敵だった外国産馬
ハイパーナカヤマと言う馬がいた。
この馬も共同通信杯に参戦。
ダートで強い2頭が芝で通用するかぁ?と言う穴党の期待は
見事に前日の雪の為水泡と化し、
レースは一転鉄板レースへと変貌を遂げた。

人気はこの2頭の一点被り。
そしてレースもこの2頭の一騎討ちで終わる。

1番人気のパサーが4番手追走。
2番人気のハイパーが2番手を追走。
4コーナーを抜けた所でこの2頭が抜け出す。

直線坂上でパサーが抜け出すと
その差は縮まる事はなく
パサーがハイパーに2馬身の差を付けて勝利する。


その後仕切りなおしとしてパサーは
4月に中山で行われたGⅡ
ニュージーランドトロフィー4歳ステークス(芝1400m)に出走する。

初の芝への挑戦である。

初めての芝でのレースであるにも関わらず
ファンはパサーを1番人気に支持する。
そしてパサーはその期待に応え
2着のスギノキューティーに2馬身の差を付けて勝利。
芝でも強い事を証明する。


そしてパサーは春の大目標
5月の東京で行われたGⅠNHKマイルカップ(芝1600m)に出走する。

レースはパサーは4番手を追走。
直線に入りに道中先行していた馬たちが固まったまま坂上へ。

残り200mを切ると徐々に態勢が決っし
パサーが先頭にたち、そのまま1馬身3/4の差をつけて勝利する。



その後パサーは夏場を休養し、
秋の初戦に東京で行われたGⅡ
毎日王冠(芝1800m)に出走する。

しかしここで1つ問題が発生する。
実はパサーの主戦ジョッキー的場均
この年もう1頭の有力外国産4歳馬
グラスワンダーの主戦ジョッキーも勤めていた。

そして、そのグラスもこの毎日王冠から復帰する予定になっていた。

直前まで悩んだ的場はグラスを選択。
毎日王冠からパサーの主戦ジョッキーは蛯名正義に代わった。


そして毎日王冠。
このレースは非常に豪華なメンバーとなり、
しかもこの時最強と言われていた3頭が
初めて顔をあわせたレースでもあった。

1番人気は飛ぶ鳥を落とす勢いの連勝モードに入った
5歳のサイレンススズカ

2番人気は連勝で朝日杯3歳ステークスを勝ち
その後骨折休養していたグラスワンダー

パサーはそれに続く3番人気であった。


レースはスズカが当然の如く逃げる。
それを見る形でパサーとグラスが追走する。

4コーナーでグラスが早々と2番手に上がる。
しかし休養明けもあってか坂の途中で失速。
代わりにパサーが2番手に上がる。

スズカの逃げを捕まえる事ができずに
パサーはスズカに2馬身1/2の差をつけられて2着に終わる。



その後出走できる適当なレースが無い為に暫く休養。
11月に東京で行われたGⅠジャパンカップ(芝2400m)で復帰する。

1番人気はこの年のクラシックを賑わした4歳馬
スペシャルウィーク

2番人気は男馬とも対等に戦える女傑エアグルーヴ

3番人気にパサーが支持された。


レースは珍しくパサーが2・3番手を追走。
その直後にウィークとグルーヴがマークする形で追走。

直線に入り早々にパサーが先頭にたつと
ウィークとグルーヴも合わせて仕掛ける。
が、パサーはこの時のセーフティリードをゴールまで守りきり
4歳馬ながらジャパンカップを勝利する。

その後パサーは有馬を回避し
5歳はフランスに渡り海外のレースに出走する事を発表する。


ヨーロッパに渡ったパサーは初戦に
5月にロンシャンで行われたGⅠ
イスパーン賞(芝1850m)に出走する。
しかしここではフランスダービー馬クロコルージュの2着に終わる。
が、海外でもその力が通用する。
そう思わせるレース内容であった。


そしてその事は直ぐに証明される事となる。

7月にサンクルーで行われたGⅠ
サンクルー大賞典(芝200m)に出走したパサーは
2着のタイガーヒルに2馬身1/2の差をつけて快勝する。

更に9月にロンシャンで行われたGⅡ
フォワ賞(芝2400m)も勝利。
秋の大目標凱旋門賞に弾みをつける。


そして10月にロンシャンで行われたGⅠ
凱旋門賞(芝2400m)に出走。
世界最高峰と言われるこのレースでパサーは2番人気に支持される。

レースは逃げると思われていたジンギスカンより
パサーのスタートが良すぎてしまい、
無理をせずにパサーが自分で逃げてレースを作る。

4コーナーを回り後ろからは誰も来ない!
このまま行けば日本調教馬初の凱旋門賞勝利と言う所で
後方からこの年の
フランス・アイルランド両方のダービーを勝った4歳馬
モンジューが追い込んでくる。
後少し!後少しの所でパサーはモンジューにさされ2着に終わる。

この時の斤量、パサーが59.5Kgだったのに対し
モンジューは4歳と言うことで56Kgと
その差が3.5kgもあった。

この斤量の差が大きく影響した。と言っても過言ではないが
とにかく日本調教馬で凱旋門賞連体と言う快挙を成し遂げた。
(余談ではあるが、あのディープインパクトでさえ
苦労して3着であったレースである。)



凱旋門賞が終わり日本に帰ってきたパサーは
引退を発表する。

引退したパサーは種牡馬となり
ヴァーミリオンアロンダイト
などのダートGⅠを勝った馬を輩出。

さらに
ソングオブウィンドトウカイトリック
などの芝の3000mを越える重賞を勝つ馬も輩出しており、
種牡馬としても成功をおさめている。



この馬はホントに強いと思える馬で
芝の中距離では最強ではないか?
と思える馬であります。

人気になって人気馬を連れてきてしまう
オイラにとってはあまり有難くない馬ではあったのだがw

この馬が勝った共同通信杯。。

ハイパーナカヤマとの馬連を1点で400k買ったのは
今ではいい思い出であります。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]