忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



This is the 200th article


1991年(ダイナマイト)・1993年(ラッキーボーイ)
に大一より発売された権利物になります。

1回権利物でありながら内部的に天国モードを搭載し
脅威の連チャン率を可能にした名機になります。

ダイナマイトの盤面に描かれたキャラクターダイナマイトは
後に大一の看板キャラとなり多くの作品に参加。


後に後継機も作られた作品となります。



ダイナマイトとラッキーボーイは
名前は違いますが兄弟機となっており、
遊戯方法やゲージは全く同じに作られています。


スペックは下記の通り

機種名 大当たり確率 確変突入率 出玉数 時短
ダイナマイト 1/42 約80% 約1900個or約120個 ナシ
ラッキーボーイ 1/64 約80% 約2200個or約140個 ナシ

よって、
当たり易いダイナマイト
出玉の多いラッキーボーイ

と言う具合になっております。



遊戯方法

Ⅰ・まずは盤面左側のスルーに玉を通します。




Ⅱ・すると盤面中央の役物の上部にある羽根が一定時間開放します。




Ⅲ・羽根が玉を拾うと中央役物の中に玉が落ちてきます。

役物内部に緑色の透明なベロのような物があり、
これが一定のリズムで前後に動いています。

役物内に落ちた玉がベロが前に出ている時に落ちてくると
ベロに当たって役物の奥に転がってハズレになります。

しかし、ベロが奥に行っている時に玉が落ちてくると
玉がベロの上に乗っかり、ベロが前に出てくるのと同時に
玉が手前に押し出されて更に下の役物に玉が移行します。



Ⅳ・盤面下の役物に玉が落ちてくるとデジタルが回転します。

3で止まると1ラウンドの小当たり

7で止まると16ラウンドの大当たり

となります。



Ⅴ・3か7が停止し、権利が発生したら右打ちをして回転体に玉を乗せます。

 (回転体は画像中央でミョーに光っている物体)

回転体には1箇所窪みがあり、
回転体上部に乗った玉が窪みに嵌まるとそのまま回転体内部に取り込まれ
窪みが一番下にきた時に回転体の中に入っていた玉が落下。

【GO】と書かれたチャッカーに玉が落ちて
その下にあるチューリップが開放しますので
そのまま打ち続けてラウンドを消化していきます。



Ⅵ・全てのラウンドを消化し終わったらまた1からやり直しとなります。





システム

本機は内部的に通常モードと天国モードが存在します。
乱数テーブルは全部で1024個あり、約4秒で1周します。
1024個の乱数を真っ二つに割った状態で
片方が天国・もう片方が通常となっております。

天国モードには7で当たる乱数が複数存在しますが
通常モードには7で当たる乱数が一切存在しません。


乱数は盤面左のスルーに玉が入った時点で回転開始。
盤面中央の下部役物に玉が落ちた時に乱数を拾う仕組みになっています。

通常モード中は乱数0からスタートし、
下部役物に玉が落ちた頃には7で当たる乱数が無い為に
大当たりする事はまずありません。

通常モード中、極稀にタイミングがずれて
天国モードに存在する7の乱数を拾う事がありますが
ここで7を引いたとしても内部的には天国モードにいない為
その後連チャンをする事はなく、単発で終わります。



天国モード中は乱数512からスタートし、
下部役物に玉が落ちた頃には7の乱数が多数存在する為、
ほとんどの場合が1ゲーム連します。

天国モード中の乱数が全て7と言う訳ではないので
1ゲーム連しない場合もあります。

しかし、この天国モード中に7の次に多く設置されている乱数が
1で止まる乱数であり、7の次の出目が1であれば
内部的にはまだ天国モードにいる可能性が高くなります。


では、このモードがどのタイミングで移行しているのか?

それが3で小当たりをした時となっています。

3で小当たりした際に一定の確率で乱数のスタート地点をずらし、
天国モードと通常モードの切り替えをしている事になります。

よってこの台は
3で小当たりした後がメチャクチャ熱い機種
と言う事ができます。



この台は当時非常に嵌まっていた台であり、
一時期はこれ以外打たなかった。と言う時期があったぐらいです。

みなし機末期の頃には地元には設置が無くなってしまっており
近場では厚木の手前や銀座。
遠くでは新潟まで遠征して打ちに行っており、
今現在では大阪に行って打っている。
と言うぐらいお気に入りの台になっています。

羽根が玉を拾った瞬間。。
ベロの上に玉が乗った瞬間。。
デジタルが回って「ドォォォォン。。」と言う音がした瞬間。。

などなど、脳汁が垂れ流れる瞬間が多い機種であり、
その流れる脳汁の量もハンパではなく大量であり、
ホールが脳汁だらけになんじゃね?っつーぐらいおもしろい台です。

後継機として
ダイナマイトキングスーパーダイナマイトキング
などもありますが、初代に比べたら全然出る脳汁の量が違います。。

予告やリーチがある訳ではありませんが
玉の動き・3が出た後のドキドキ感
は今のデジパチでは絶対に味わえないでしょう。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ポンポンとツボなネタをアゲおってからに・・(゜ε゜。)ププッ

これって、モーニングあった?
当時、朝の当たりが早く、軽くてさぁ。。
台取りも苦労したもんさ。。懐ぃ♪
ホセ・マゲンタ 2009/03/09(Mon)22:54:24 編集
ホセ・マゲンタさん こんにちゎ♪
モーニングかどーかは知らんけど初当たりの早い台多かったねぇ。。
でもそーゆー台は連チャンしないのよね。。
不思議だ。。w
オイラが行ってた店は似たような台が結構あったんで台取りには苦労しなかったなぁ。。
たまにカニ歩きした記憶がある。。w
【2009/03/11 15:46】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]