忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2003年にサミーより発売された4号機になります。
AT機能を搭載したストック機で、
プレイヤーの打ち方によりAT機にもST機にもなる
AST機として登場しました。

また、ホールのイメージや営業スタイルに合わせられるように
フラッシュイエロー
パッションピンク
バーニングレッド
テラブルー
アイスブルー
エレガントパープル
フォレストグリーン
の7色のパネルが最初から用意されており、
ホールの任意で選べるようになっていました。

尚、タイトルだけで見ると萌えスロのような感じがしますが
この台には液晶がない為に萌え要素はほとんどありません。


スペックは下記の通り

設定 BIG確率 REG確率 キューイチャンス確率 機械割り
1/346.5 1/2079.2 1/478.9 95.8%
1/333.8 1/2003 1/456.6 97.5%
1/310.1 1/1860.4 1/413.8 101%
1/284 1/1704.2 1/393.9 105%
1/264.4 1/1586.1 1/355.7 108.9%
1/243.4 1/1460.4 1/307.1 113.9%

表を見て判る通り、本機のボーナス比率は
BIG6:REG1
とBIGに偏る仕様になっております。

ボーナスの種類はBIGとREGの2種類。

ボーナス放出条件は
規定ゲーム数消化純ハズレ成立時
チェリー成立時の一部スイカ成立時の一部
の4種類になりますが、
純ハズレ→1/1310~1/595
中段チェリー→1/1582
角チェリー→1/6335
スイカ→1/65536
と解除率が非常に低い為、
大抵は規定プレイ数を消化する事になります。

ボーナス消化後は最大256ゲームまでのチャンスゾーンに入り、
チャンスゾーン中にボーナスを引く事で次回ボーナスが直ぐに放出される
天国テーブルに移行しやすいシステムになっております。

また、出現率の低いREGを引いた後は
必ず天国テーブルが選択される為、連チャン性が高くなります。

尚、天井ゲーム数は最大1024ゲームに設定されています。




BIGボーナス消化方法

この台は基本的に中押し手順で消化していきます。
更にBIGの消化の仕方によって
AT機にするかST機にするかをプレイヤーが任意で設定する事ができます。

ST機としての消化方法
中リールに白7をアバウトに目押しします。
この時中リールの中段に止まった図柄が成立している小役になります。

中段にベルが停止した場合
ベルが成立していますので左・右共に適当に止めます。

中段にスイカが成立した場合
チェリーorスイカが成立していますので
左リールにチェリーを狙います。
チェリーを否定してスイカがテンパイしたら右リールはスイカを狙います。

中段にリプレイが停止した場合
JACインが確定します。
そのまま右・左と適当に止めます。
リプレイ外しをする場合は
右リールを適当に止めた後に左リールで
白7スイカ白7のスイカを中段にビタ押し
2つある赤7のリプレイとベルに挟まれている方の赤7を枠内に目押し
する事でリプレイを外す事ができます。
尚、リプレイを外す場合は
10ゲームからは外しをせずにJACインを優先してください。


AT機としての消化方法
基本的にはST機として消化する時と同じ手順で消化します。
ATに突入させる条件として
BIGを0パンさせると言う条件がありますので、
リプレイがテンパイした場合は全てリプレイ外しをする必要があります。

2種類あるリプレイ外しの外し方によって
BIG消化後のAT突入率が変化します。

白7ビタ押しで全て外した場合
AT突入率が100%になります。
しかし1回でも失敗してしまうと今までの苦労が水の泡になりますので
余程の自信がある場合のみ使用する事をオススメします。

1回でも赤7を利用して外した場合
約90%の確率でATに突入します。
安全性はありますが突入しなかった場合のリスクは大きくなります。

AT機として使用する場合、
その後のメリットと比例してリスクも大きくなります。
特に白7ビタ押しをしていた場合、
最後の最後で失敗した時は
精神的にもメダル的にもダメージが大きいので
くれぐれも注意してください。





キューイチャンス

本機はキューイチャンス(QC)と呼ばれる
20ゲーム1セットになったATを搭載しています。

QC中は3択であるベルの押し順を
リール右のドット液晶でナビしてくれます。
純増は約68枚で連チャン性を持っており、
QCの最大連チャン数は30セットとなっております。

QC突入条件は
ボーナス消化後の1/4
スイカ成立時の1/4
JACハズレを引いた後100%
BIGを0パンさせた時

の4種類になります。


ボーナス消化後に突入した場合

BIG消化後の場合
約1/2が1セットで終了。
奇数設定は3連で終わる事が多く、
偶数設定は2連で終わる事が多くなります。
しかし、あくまでも傾向と言う事になりますので
QCの連チャン数で設定看破をするのは不可能になります。
 
REG消化後の場合
最低セット数が5セットになりますので
連チャン性が高くなっております。
大抵は5セットで終わるのですが、
9セットまでは期待出来る数値に振り分けられています。


スイカ成立後に突入した場合

ほぼ単発で終了する事になります。
30セットの振り分けもありますが、
期待できるのは多くても2連までになります。


JACハズレを引いて突入した場合

スイカ同様ほぼ単発で終了する事になります。
30セットの振り分けもありますが
期待できるのは多くても2連までですが
スイカよりかは3連する振り分けが高くなっています。


BIGを0パンさせた時に突入した場合

ビタ押しを1回でも使用しなかった場合
約1/2で3セットが選択されます。
残りの振り分けで多いのが2セットか4セットになっていますので
選択された振り分けによってバラツキが出てしまいます。

全てビタ押しで突入させた場合
約1/2で3セットが選択され、次に多い振り分けが4セットになります。
ビタ押しを使わなかった場合に比べると
高いセット数が選択されやすくなっていますので
かなりの連チャン数を期待できます。
尚、設定6の場合のみ振り分けが変更されており、
一番多く選択される可能性が高いのが5セットになっており、
他の設定に比べて1セット・2セットの振り分け率が高くなっています。




この台は個人的には名機と言うより迷機になります。
個人的には完全にハイエナ専用台と言う存在になっており、
夕方嵌まっている台があった場合だけ打って、
1日打ち続けたと言う事が全くない台です。

と言うのも、この台のテーブル振り分けのバランスが悪く、
設定6だとしても500ゲーム以内に放出する確率が28.5%と低く、
逆に1024ゲームまで持って行かれる確立が39.2%と
恐ろしいぐらいに高い台であった為です。

そんな事もあってとてもじゃないが怖くて
1日打ち倒す事ができませんでした。

しかし天国テーブルに入った時の面白さは群を抜いており
無性に打ちたくなる台であるのも事実であります。

ドット液晶にたまに出てくるキューイと言う猫のような生物が
これまたかわいくて癒されてもおりましたw

ビタ押し失敗して凹んだ回数も数知れず。。ですがね。。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
存知ねー。。イヤ、マヂで。。
アルカノイドは超存知てんだけどね。。(;・з・)プププ
コッチには無かったなぁ。。
不遇台ってヤツけ?
ホセ・マゲンタ 2009/03/30(Mon)23:57:38 編集
ホセ・マゲンタさん こんにちゎ♪
おもいっきり不遇台ですが何か?
いや。。コヤシ疾風や賞金首と同じ時期に出ちゃったヤシでねぇ。。
導入も少なければ稼動も低かったのよねぇ。
アルカノイドとアステロイドベルトは別物です。。w
【2009/03/31 10:38】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]