忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[108]  [107]  [106]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



原作 森田まさのり
1998年から週刊少年ジャンプに掲載されたいた
高校野球漫画になります。

野球部員が全員不良。
主人公側の学校の登場人物の名前が全員阪神タイガースの選手の名前。
相手側の学校の登場人物が全員読売ジャイアンツの選手の名前。

と言う一風変わったスポ根物であります。


ストーリー

二子玉川学園はかつては甲子園に行った事もある名門高校であった。
しかし、TV中継している公式戦で乱闘事件を起こしてしまい、
今は公式戦には出れないでいた。

そんなある日。
二子玉川学園に川藤幸一と言う一人の教師が転任してくる。
野球部の顧問を任された川藤は
実は前の学校で暴行事件を起こしてクビになっていたのを
二子玉川学園の校長に拾われたのだった。

野球部の部室に顔を出した川藤は
そこが不良の巣窟になっている事を知る。

なんとか野球をちゃんとやるように説得する川藤だが
野球部員は一向に野球をやる気を起こさない。

しかし、相手の良い部分を探し出して相手を理解し、
夢を持っている人間を尊重して
自分の利益を省みず他人の為に動く川藤を見ているうちに
一人、また一人。。と野球を始めていく。

野球の技術は未熟な物の、
一人一人が突出した能力を持っている二子玉野球部は
徐々にその実力を発揮していく。

不良としか見られていない野球部。
川藤を野球部顧問にした校長の裏の理由。

生徒・先生・対戦相手校
全てから白い目で見られていた野球部が
川藤の性格のおかげで次第に変わっていく事となる。

果たして二子玉野球部の運命や如何に。。







森田まさのりと言えばこの作品の前にろくでなしブルースを連載しています。
あまり記憶には残っていないのですが、
それなりにおもしろく読んでいた記憶はあります。

そして、この作品が登場し、森田ならおもろいのかなぁ。。
と思い読んでみたところ、
登場人物が全てタイガースの選手の名前だと直ぐに解り、
虎キチのオイラのツボに嵌った。と言う感じです。

話がおもしろくなってきた所で作者が体調不良をおこし、
連載が途切れ途切れとなり、
最後は途中で終わらせる事なく、簡単にアフターエピソードを描いて終了。
と言う、ちょっと残念な終わり方になっています。

野球的には本格的なものではなく、
いかにも素人が野球をやっているような描写であり、
それが何故か強い。と言うのもイマイチ納得はいかないのだが、
登場人物の濃い個性がそのイマイチ感を相殺している。
と言ってもいいと思います。

虎キチには萌えられる作品ではありますが、
高校野球物と言う観点で見ればおお振りの方が上でしょう。

イエ-----ッ!俺イエ-----ッ!
は当時オイラのお気に入りのセリフですたw

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
川藤ってだけで反則デスな。。(笑)

今、メジャー観まくりなんだけどさ
おもろいんだけど、やっぱおお振りなんだよねー
あらためて凄い作品だと。。うん。。

今年も竜がイタダキマスんで。。(笑)
ホセ・マゲンタ 2008/03/10(Mon)22:48:42 編集
ホセ・マゲンタさん こんにちゎ♪
だよのぉ。。
今までならタッチ・ドカベン・ルーキーでも良かったんだがおお振り出てからは他のが霞んでみえるゎ。。
やぱし名作じゃなw

今年も竜がいただきますんでって言うより竜がいただくでしょ。。
大穴ならお星様がおもしろいw
【2008/03/11 10:32】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]