忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


生産 ノーザンファーム
誕生日 2002年4月4日
馬主 大澤 繁昌
調教師 瀬戸口 勉(栗東)
エンドスウィープ
マストビーラヴド
性別 牝馬
毛色 鹿毛
通算成績 13戦6勝(内重賞5勝)2着3回

父のエンドスウィープはアメリカで競争生活を送っていた馬で
種牡馬となってから日本に輸入された仔馬が高成績を挙げる。
その為、後にシャトル種牡馬として日本でも共有が始まり、
このラインクラフトは共有が始まってからの初年度産駒となります。

また、母のマストビーラヴドは重賞勝ちのあるダイナシュートの子供で
更に父がサンデーサイレンスであり、
マストビーラヴド自体の競争成績は大した事はないが
ラインクラフトの血統背景にはしっかりとした裏打ちがあった。


デビュー戦は2歳の10月。
京都で行われた新馬戦(芝1400m)。

3番人気で出走したクラフトは道中3番手を追走。
直線で軽く先頭に立つと
2着のルスナイオブサクラに5馬身の差をつけて圧勝。
タイムもレコードに0.4秒差足りないだけ
と言う優秀なタイムで初勝利を挙げる。


続く2戦目に11月に京都で行われたGⅢ
ファンタジーステークス(芝1400m)に出走。

2番人気で出走したクラフトは前走と同様3番手を追走。
直線に入るとまたもや独走。
2着のモンローブロンドに4馬身の差を付け
重賞初制覇を飾る。



そして3戦目。
12月に阪神で行われたGⅠ
阪神ジュベナイルフィリーズ(芝1600m)に出走。
ようやく実力が認められ、単勝1.5倍の1番人気になる。

レースは道中中段の7番手を追走。
直線に入りアンブロワーズと叩き合いをしている所を
ショウナンパントルが猛烈な追い込みを見せてこの2頭を差し切り。
アンブロワーズとの叩き合いにも負けたクラフトは3着に終わる。


年が明けて3歳。
初戦に3月の阪神で行われたGⅡ
阪神フィリーズレビュー(芝1400m)に出走。

1番人気で出走したクラフトは道中中段9番手を追走。
直線に入り切れの良い末脚を披露。
ゴール板手前で先行していたデアリングハートを差し切り
重賞2勝目を挙げる。


そしてクラシック第一弾。
4月に京都で行われたGⅠ桜花賞(芝1600m)に出走する。

2番人気で出走したクラフトは道中3番手を追走。
直線早々に先頭に立つと追い込んできたシーザリオ
頭差だけ振り切りGⅠ初制覇を挙げる。


そして本来であればこの後はオークスに向かうのだが
陣営は距離適正を考慮しオークスを回避。

5月に東京で行われたGⅠ
NHKマイルカップ(芝1600m)に出走させた。

2番人気で挑んだこのレースは道中4番手を追走。
ダンゴ状態で4コーナーを回り、
直線坂上でクラフトが抜け出す。
同じ位置から上がってきたデアリングハートに
1馬身3/4の差を付けてGⅠを2連勝。
牝馬では初の変則2冠を達成する。


その後適正なレースが無い為に秋まで休養。

秋初戦に9月に阪神で行われたGⅡ
ローズステークス(芝2000m)に出走。

1番人気で出走したクラフトは道中先行して2番手。
4コーナーで早くも先頭に立つも
追い込んできたエアメサイアにゴール板手前で差されてしまい
2着に終わる。


そして変則3冠を狙って挑んだGⅠ秋華賞(芝2000m)
1番人気で出走したクラフトは道中5番手を追走。
3コーナー過ぎでまくりに入り
直線早々に先頭に立つ。
このまま逃げ切れると思われた所、
ゴール板手前でまたしても追い込んできたエアメサイアに強襲され
2着に終わる。


その後クラフトは11月に京都で行われたGⅠ
マイルチャンピオンシップ(芝1600m)に出走し、
初めて古馬の牡馬と対戦する事になる。

並み居る強豪の中2番人気に支持されたクラフトは
道中中段9番手を追走。
古馬のペースについていけないように見えたが
直線に入り豪脚を披露。
しかしハットトリックダイワメジャーの叩き合いに
割って入る事が出来ず3着に終わる。


その後12月に阪神で行われたGⅡ
阪神牝馬ステークス(芝1600m)に出走。
メンバー・コース・距離全てが条件に合い、
必勝体制が整ったと思われたこのレースは
単勝1.6倍の圧倒的1番人気に支持される。

しかし、レースに入ると誰も逃げる馬が居らず
クラフトが押し出されるような形で逃げに出る。
直線では他の馬のいい目標にされてしまい、
結局アドマイヤグルーヴの4着に終わる。


年が明けて4歳。
初戦でいきなり3月に中京で行われたGⅠ
高松宮記念(芝1200m)に出走する。

初の1200m戦に対応出来るのか?
と言う疑問があったが終わってみれば
勝ったオレハマッテルゼと同タイムの2着。
1200m戦でも通用する事を証明した。



その後この年から開催時期が4月に変更になった
阪神で行われたGⅡ阪神牝馬ステークス(芝1600m)に出走。

2戦前の同レースと同じく1番人気に支持されたクラフトは
今度はいつものパターンの3番手を追走。
直線で先頭に立つと追い込んできたエアメサイアに
3馬身の差を付けて快勝。
久しぶりの勝利を挙げる。


そして春の目標。
5月に東京でこの年に初めて行われたGⅠ
ヴィクトリアマイル(芝1600m)に出走する。

1番人気で出走したクラフトは道中中段の9番手を追走。
直線に入るといつもの切れの良い末脚が見られず9着に惨敗する。


その後秋のスプリンターズステークスを目標にし休養に入る。



しかし、休養中の8月の早朝。
クラフトは調教中に急性心不全を発症し死亡してしまう。



この馬の強さは桜花賞で負かしたシーザリオが
その後日本とアメリカのオークスを勝利したり、
ダイワメジャーと互角の勝負をしている事から
相当な強さを持っている事は明らかであり、
早すぎる他界が惜しまれる馬であります。


人気になっても相手に人気薄の馬を連れてくる事も多く
良く稼がせてもらいました。


桜花賞時は町田で珍古台を打ちながら応援し
秋華賞時は新潟で珍古台を打ちながら応援し
ヴィクトリアマイル時は大阪で珍古台を打ちながら応援し
(と言ってもこの時はクラフトを買っていなかったがw)
など、レースの時にどこで何をしていたかを鮮明に覚えていると言う
不思議な印象を持った馬であります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
改めて戦績を見てみると。。
祐一だったのね。。(≧∇≦) 
それくらい印象薄いなぁ。。
肌馬に上がったら面白い血ができそうなのに
惜しいよね。。
ホセ・マゲンタ 2009/05/11(Mon)06:22:53 編集
ホセ・マゲンタさん こんにちゎ♪
アナタ様の大好きな祐一さんですね~
(;'з')プププ
この馬とシーザリオが被った時は祐一どっち選ぶのかなぁ。。
と思ったがきれいに路線が分かれおった。。

ノーザンとサイレンスの血が混じった血統故に配合が難しいとは思うが
相手次第ではおもしろい仔が産まれたかもねぇ。。
【2009/05/11 13:16】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]