忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1986年にタイトーよりアーケード用に開発された
アクションパズルゲームになります。

かわいらしいキャラクターと病みつきになるゲーム性で人気となり
後にファミコン・Windows・DSなど数多くのハードに移植されています。

尚、主人公のバブルンはタイトーのマスコットキャラになっています。




操作方法

プレイヤーは2方向のレバーと
ジャンプボタン・泡吐きボタンを使いバブルンを操作する事になります。
また、ジャンプボタンを押しっぱなしにする事で、
泡の上に乗ってジャンプする事ができます。
この技を使わないとクリアできないステージが存在します。



ゲームの概要

プレイヤーはバブルン(2プレイヤーは色違いのボブルン)を駆使し、
各ステージに登場する敵キャラを倒していきます。
2プレイで始めるとプレイヤー2人が同時にゲームをする事となり、
お互いに協力しあう事となります。

全ての敵を倒すとステージクリアとなり、
100面クリアするとエンディングとなります。
しかし
エンディングを観れるのは2プレイをしている時だけであり、
1プレイで100面をクリアするとステージが戻されて
エンディングを観る事ができません。


敵を倒すには
・自分で吐いた泡に敵を閉じ込めて敵に体当たりをする。
・ステージ攻略中に出てくる特殊能力を装備した泡を割る。
事で討伐する事が可能になります。

敵をまとめて泡に閉じ込め、
連鎖と呼ばれる泡同士が接触している状態で割る事により
得点を稼ぐ事ができます。
更に、敵をまとめて倒す事により

と書かれた泡が一文字ずつ登場します。
この文字の泡を全て割るとバブルンが1匹増えます。

また、ステージ途中で
バブルンをパワーアップさせる泡が登場する事があります。
バブルンのスピードUP
泡の連射が可能になる
泡の射速がUPする

の3種類があり、ステージ攻略に欠かせないアイテムである為、
これが出たら獲得する事が重要になってきます。



このゲームには予め意図的にプログラムされた
隠しコマンドが存在します。
デモ画面中にこのコマンドを入力する事により
バブルンが初めからパワーアップしている
スペシャルステージにモードを切り替える
シークレットルームが登場するようになる

などがあります。

スペシャルステージをクリアする事により
真のエンディングを観る事が可能です。




このゲームが導入された当初は良くプレイしていました。
なかなか難しく、ステージ中盤でどうしてもクリアが困難なステージがあり、
そのステージのクリア方法を習得する為に
かなりの金額を投資した記憶があります。

敵キャラもなかなか個性的であり、
奇抜な行動パターンに惑わされたりもしましたw

ゲームをやめて家に帰る時は必ずコマンド入力をして
スペシャルステージにしてから帰る。。
これ基本でしょw

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
やり込み過ぎだに兄さん
(・∀・)ニヤニヤ
DSに移植されてるのは初耳す
往年の名作をリバイバルはどの
メーカーでもありんすねん
今でもTAITOは生き残ってるのか?
DEEPの看板熊 2008/04/21(Mon)00:26:46 編集
DEEPの看板熊さん こんにちゎ♪
やはりおもしろくて人気があったゲームはメーカーも永く使いたいんだろうねぇ。
遊ぶ側にとってもうれしいしw

ちなみにタイトーは今はスクエニの子会社になっていて
スクエニのアーケード部門を担当してますよん♪
【2008/04/21 08:52】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]