忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


生産

ノーザンファーム

誕生日

2001年3月20日

馬主

金子 真人

調教師

松田 国英(栗東)

King mambo

マンファス

性別

牡馬

毛色

鹿毛

通算成績

8戦7勝(内重賞4勝)2着0回



この馬は母親が外国産であり、
すでにKing mamboの子供を宿している母親を購入し、
日本で生まれた、いわゆる持ち込み馬です。



デビュー戦は2歳の11月。
京都で行われた新馬戦(芝1800m)

1番人気に支持されたカメハメハは道中中段6番手を追走。
直線に入り残り200mの所で一瞬の切れをみせると
前の馬をかわし1着でゴールする。

が、それ程強いと言う印象はまだこの頃には無かった。


次に陣営はGⅠの朝日杯フューティリティステークスでもなく
GⅢのラジオたんぱ杯2歳ステークスでもなく
12月の阪神で行われた2歳オープン特別
エリカ賞(芝2000m)に出走させる。

ここでも1番人気に支持されたカメハメハは
道中中段5番手を追走。
直線に入りジリジリと前との差を詰めていく。
残り200の所で前の馬を射程圏内に捕らえると
ゴール板キッチリでグレートベースンを捕らえて2連勝となる。


年が明けて3歳の初戦。
陣営は1月の中山で行われたGⅢ京成杯(芝2000m)に出走させる。

1番人気に支持されたカメハメハは道中後方8番手で追走。
3コーナーでまくりに入るも、
大逃げをかましていた3番人気マイネルマクロスを捕まえられない。
それどころかマークしていた
2番人気のフォーカルポイントを捕まえる事が出来ずに3着に敗れてしまう。


ここで陣営は再び重賞挑戦を取りやめ
2月に阪神で行われたオープン特別
すみれステークス(芝2200m)に出走させる。

ここでも1番人気に支持されたカメハメハは道中先団3番手を追走。
4コーナーで仕掛け、直線早々と先頭にたつと後は押し切り。
2着のストラタジェムに2馬身1/2の差を付けて勝利する。


そして3月に再び重賞に挑戦する。
阪神で行われたGⅢ毎日杯(芝2000m)

ここで初めて1番人気を他の馬に譲り2番人気に。

レースはすみれステークスと全く同じ展開。
道中3番手を追走し、直線早々と先頭に立ち押し切る。


ここで陣営は中山で行われた京成杯の惨敗を考慮し、
中山の皐月賞を回避し、東京で行われるGⅠ
NHKマイルカップ(芝1600m)に出走させる。

1番人気はカメハメハ
2番人気はシーキングザパールの子供で
ニュージーランドトロフィーを勝ったシーキングザダイヤ
3番人気は皐月賞3着のメイショウボーラー

レースはボーラーが先行3番手。
ダイヤが中段8番手を追走し、
カメハメハはダイヤをマークする形で9番手を追走する。

4コーナーを回った所でボーラーが先頭に立つ。
坂を駆け上り残り200mを切った所で
カメハメハが大外一気で差し切る。

終わってみれば2着のコスモサンビームに5馬身差をつけ、
レースレコードのおまけ付きでGⅠ初制覇を遂げる。


そして陣営はカメハメハの能力を信じ、
クロフネタニノギムレットが成し得なかった変則2冠
東京で行われるGⅠ日本ダービー(芝2400m)に出走させる。

1番人気はカメハメハ。
2番人気は地方馬で皐月賞2着のコスモバルク
3番人気は青葉賞勝ちのハイアーゲーム

レースはバルクが先行3番手。
カメハメハは中段8番手。
それを見る形でハイアーゲームが10番手を追走。

3コーナーで早くもバルクが仕掛け、4コーナーで先頭に。
カメハメハがそれを見て3・4コーナー中間でまくりに入る。
それと同時にハイアーゲームもまくる。

上位人気の馬が横一線になって直線に入る。
しかし、バルクは脚が残っていなく後退。
坂下の残り400mでカメハメハが先頭に立つ。
坂を上り残り200でハイアーゲームを振り切ると、
大外一気で突っ込んできたハーツクライを1馬身1/2抑えて優勝。

しかもタイムはアイネスフウジンのレコードタイムを14年ぶりに更新。
そして初めてNHKマイルカップ→日本ダービーの
変則2冠を達成する。


夏場を全休し、秋初戦に菊花賞トライアルレース、
9月の阪神で行われた神戸新聞杯(芝2200m)に出走する。

しかし陣営は距離適正を考慮し、
このレースに勝っても負けても菊花賞には行かず、
東京で行われるGⅠ天皇賞・秋に出走する事を表明する。

レースはダービー2着のハーツクライとの再戦となるが
カメハメハの敵ではなく軽く圧勝する。


そして天皇賞に向けて準備をしていた時に屈腱炎を発症。
そのまま引退する事となった。



引退したカメハメハは種牡馬となる。

今の日本の産地はサンデーサイレンス系(正確にはヘイルトゥリーズン系)
の肌馬で溢れかえっている状況の為、
ヘイルトゥリーズンの血が入っていないカメハメハは重宝され、
日本記録となる1年に256頭との種付けをこなすなど
大人気となっています。




この馬はデビュー当初は
「ホントに強いのか?」
と言う疑問しかありませんでした。
タイムも平凡・着差もない。
なんで人気になるのかが理解できませんでした。

しかし、そこはミスタープロスペクター系。
3歳当初に綺麗に成長を伸ばして行き、
毎日杯を勝った時は
「あ。。これは強いゃ。。」
と言う印象に変わっていました。


3歳の春を越えてから「負ける。」と言う印象が全く沸かない。
それぐらい強い馬でしたね。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ネアルコとかナスルーラとか誰もワカンナイって。。
言ってねーか・・?(≧∇≦)

単純に馬名がキライだったので買った記憶がございません。。(笑)
ホント、強い印象は無かったのにねぇ。。
血統の妙ですな。。うん。。
ホセ・マゲンタ 2008/02/28(Thu)06:46:19 編集
ホセ・マゲンタさん こんにちゎ♪
別にヒンドスタンとかマイバブーとか言ってる訳じゃないんだからいいじゃん。。w

金子さんの馬ってかっこいい名前が多いんだけどこの馬は珍しく変な名前だったしね。。
カメハメハ大王が強い。。ってキン肉マンかよ!って思ってたもん。。w
【2008/02/28 10:31】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]