忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


生産

フジワラファーム

誕生日

1989年4月20日

馬主

弘馬

調教師

工藤 嘉見(栗東)

スプレンディドモーメント

チェリーガール

性別

牝馬

毛色

鹿毛

通算成績

22戦5勝(内重賞1勝)2着4回


この馬の馬名登録の際に馬主とJRAがもめたのは言うまでもない。

馬の名前はその馬の持ち主。所謂馬主に決定権があります。
馬主の中には自分の持ち馬だと直ぐに判るように
冠名と呼ばれる馬の名字を付ける馬主がいます。
有名な冠名では
オグリキャップオグリ
トウカイテイオー
トウカイ
シンコウラブリィシンコウ
などがおり、かなりメジャーな名前の付け方と言えます。

このチェリーコウマンもそんな名前の馬であり、
母親の名前のチェリー
馬主である会社名の弘馬(こうまん
とを掛け合わせての命名でした。

しかし、
そもそも馬名を付ける際には幾つかの禁止事項が決められており、
その中に
公序良俗に反したまたは侮辱的とみなすことのできる馬名
と言う項目があり、この馬の馬名はそれにあたるとして却下された。

しかしこれに馬主が反論。

弘馬(コウマン)とは
中国の高貴な人間にしか乗る事が許されていない
とても位の高い高貴な馬の事を指す。
馬を取り扱う事業で弘馬と言う名前を否定するのは
心外著しい。と主張。

その主張をJRAは受け入れ、
コウマンと言う冠名を許可する事となる。

しかしこの決定が後に珍事を巻き起こす事となる。



そんな感じで名前を付けられたチェリーコウマンは
3歳の8月、函館で行われた新馬戦(芝1000m)でデビュー。
珍名である事もあり3番人気に支持されたチェリーは
道中3番手を追走。
直線であわやと言う場面を演じるが3着で終わる。

折り返しに函館で行われた新馬戦(芝1000m)に出走。
1番人気に支持されたチェリーは逃げきり勝ちを収める。


その後チェリーは冬まで休養。
復帰してからオープン特別を2戦するも共に惨敗を喫する。

4歳になり1月に京都で行われた一般戦
牝馬限定4歳上500万下(ダート1200m)を快勝すると
再び芝のオープン特別・重賞に挑戦するも悉く惨敗。

この結果を見て陣営は芝ではなくダートに路線変更をする。

8月に新潟で行われた4歳900万下特別
瀬波特別(ダート1700m)に出走。
ダートでの成績が見込まれて惨敗続きだった物の
1番人気に支持されたチェリーは道中2番手を追走。
直線力強く抜け出したチェリーは後続に2馬身1/2の差を付けて快勝。
3勝目を挙げる。

その後ダートの中・長距離のレースを使われたチェリーは
2着には来るものの勝ちきる所まではいけず、
4勝目を挙げたのは12月に中山で行われた4歳上1500万下特別
市川ステークス(ダート1800m)であった。

こうしてようやくオープン入りを果したチェリーは
12月に中京で行われたGⅢ
ウィンターステークス(ダート2300m)に出走する。

このレースにはダート重賞の常連ナリタハヤブサ

連勝を続けていた上り馬チアズラック
など有力馬が揃った事もあり、チェリーは9番人気になる。

レースは人気馬は揃って後方待機。
チェリーは中段を追走する。
4コーナーで3番手まで進出していたチェリーは
直線逃げていたキョウエイスワット
2番手にいた後に鉄人と呼ばれるミスタートウジンを射程に入れる。

ゴール板手前まで続いていた混戦は
チェリーが1/2馬身先着した事で決着がつく。

こうして重賞初制覇を遂げたチェリーは
G Ⅲ第9回ウィンターステークス制覇馬チェリーコウマン
としてJRAの歴史にその名を残す事となる。


その後チェリーは4戦消化するも結果が得られず引退。
牧場に戻り繁殖入りをする。

肌馬となったチェリーは毎年産駒を誕生させ
仔馬を競馬場に送り込んでいる。
が、これと言った活躍馬は誕生していない。



この馬の名前が誕生してしまった事により
馬主は数多くのコウマン馬を競馬場に送り込む。

母親サウンドトラックから名前の一部を貰ったコウマンサウンド

最高の馬になるようにと名付けられたカミノコウマン

速い馬になるようにと名付けられたコウマンジョイナー

強い馬になるようにと名付けられたコウマンタイソン
などと言う想像もしたくない馬まで登場する始末となった。

しかも更なる珍事が発生する。

チェリーが重賞を勝ってしまった為に
ダービースタリオンギャロップレーサー
など、実在する馬の名前を使ったゲームにも登場する事となり
競馬をしない人でも知っている一躍有名な馬となってしまう。


JRAもこの名前を許可した時には
ゲームにまでその名前を残す事になるとは
流石に想定していなかったであろう。。


この確珍犯は果たして名前を許可したJRAなのか。。
それとも重賞を勝ってしまったチェリーコウマンなのだろうか。。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
そのレース、ライブで観てたのよねぇ。。。
馬名のインパクトだけで買った記憶が。。ププッ

今、そのレースググってみたらさぁ
ラジャムンディってーのが居るじゃん!!
京都の最終でお世話になった馬なのよ。。
懐ぃ。。(≧∇≦)

次はダイタクよろしく~♪(笑)
ホセ・マゲンタ 2008/07/02(Wed)18:23:06 編集
ホセ・マゲンタさん こんにちゎ♪
ラジャムンディとゎマイナーな。。w
障害のエースと言われてそのまま消えていったって記憶しかねぇゎ。。w

ダイタクねぇ。。
ダイタクカイエンでいい?
(≧▽≦)ぶゎははははは!
【2008/07/03 15:26】
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]