忍者ブログ
記憶の彼方に葬り去られようとしている物。。 あなたにもありませんか。。?
[245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1993年に京楽が発売した1回権利物になります。

確変機能を搭載している為に連チャン性能を持った台になります。

スペックは下記の通り

大当たり確率 確変突入率 出玉数 時短
1/235 50% 約2300発 ナシ


本機の図柄停止順は
左→右→中
の順番で、大当たり図柄は
0~7の3つ揃い323343767707の3と7の中図柄ひとつズレ
の12種類となっています。


遊戯方法

・デジタル下のヘソ入賞口に玉を入れるとデジタルが回転します。

・デジタル上大当たりとなると盤面上部のチューリップが開放しますので
チューリップの中に玉を入れます。

・チューリップに入った玉は
デジタル上部にあるピンボール役物内に落ちてきます。



・役物内に入った玉をフリッパーが数回作動して玉を上にはじき、
役物上部にあるVゾーンに玉が入ると権利発生となり
出玉のある大当たりが確定します。

・権利が発生したら右打ちをします。
盤面右にある回転体に玉を乗せ、
回転体に乗った玉が回転体下にあるチャッカーに入ると
盤面下にあるアタッカーが開放しますので
そのまま打ち続けてラウンドを消化します。
(大当たりラウンドは16ラウンド)



確変システム

本機は大当たり図柄による確変の判別ができません。
本機の確変か通常かの判別は
権利消化後の1回転目の中図柄で判別
する事になります。

権利消化後の1回転目の停止した中図柄が奇数なら確変
権利消化後の1回転目の停止した中図柄が偶数なら単発

となっております。

よって、本機は権利消化後の1回転目が激アツな台と言えます。



この台はシンプルな作りでありますが
役物での玉の動きや権利消化後の1回転目の熱さが面白く
当時良く打っていた台になります。

ヘソチャッカーがスルーになっているので
玉保ちはそんなに良くなかったのですが
ゲージは比較的良い部類に入るものなので
ストレスを感じる事はほとんどありませんでした。


京楽と言えば最近ミョーな情報を入手したのだが

種適合??

つか、色々シリーズがあるのになJに種?
種死も含めての作りなのか?

しかし京楽。。( ̄ヘ ̄;)う~ん・・・

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
チャットルーム
サウンドプレイヤー
最新コメント
[12/29 ホセ・マゲンタ]
[12/05 ホセ・マゲンタ]
[11/19 シリアス系カモネーギ ]
[11/01 グレッチ]
[09/20 ホセ・マゲンタ]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
この者に触れるべからず
プロフィール
HN:
LEGACY  WORLD
性別:
男性
自己紹介:
己が欲望のままに。。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]